肥満なら絶対にやるべき食生活の見直し!

20代の頃、身長168cmでありながら体重が68㎏になって、周りから「どすこいさん」と言われるようになってからようやく危機を感じ、ダイエットを決意しました。

まず行ったのは「食生活の改善」です。
というのもそれまでの食事は、「朝・昼・昼・夜・夜」という一日五食の生活。
特に夜の2回目の食事はたっぷり食べていて、どう考えても太る食生活でした。
それを一日三食に変更。初めは空腹感に悩まされ、何度も誘惑に負けそうでしたがぐっとこらえました。
すると、二週間目くらいから一日三食の慣れはじめ、お腹も空かなくなってきました。それだけで一か月で5㎏落ちました。

ただそこからなかなか体重が落ちなくなったので、「野菜中心」「よく噛んで食べる」「糖質を減らす」ということを実行するようにしました。
食事が始まったらタイマーを10分セットし、はじめは野菜をたっぷり食べました。
10分後から肉や魚などのたんぱく質を食べ始め、一口30回は噛むように心がけました。(ここでも10分タイマーをセット)
さらに10分後、ごはんを食べ始めるころには満腹状態になっていたので、自然と糖質を摂る量が減っていました。
この生活を続けていたらゆるやかですが体重が落ちていき、半年後には54㎏になりました。
それ以上痩せると体の調子が悪くなることがあったので、今も54~55㎏台をキープするように、上記のような食べ方を続けています。
リバウンドもないので、結果的にダイエットに成功したのではないかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です